D.U.O ザ クレンジングバーム全成分 さらに詳しく

2016年9月22日

DSC_2222

 

 

成分表において、実際どれがどのような役割で
どのような効果があるのか
ぱっとはわかりませんよね。

 

私も実は全然成分を言われても
ピンとは来ませんでした。

 

そこで、簡単にではありますが、
「D.U.O クレンジングバーム」
全成分を表にまとめてみました。

 

また私が調べたものですので
表記間違いがあるかもしれませんが
ご了承下さい。

 

 

D.U.O ザ クレンジングバームのレビューをご覧になりたい方はこちらをクリックしてください☆

 

 
レビュー2 

 

 

ランキングに参加しています。
あなたの応援が励みになります。
ポチっとお願いします。


スキンケア ブログランキングへ
にほんブログ村 美容ブログ スキンケアへ
にほんブログ村

 

 

D.U.O ザ クレンジングバームの全成分表

 

化粧品には全配合成分を表示することが
義務づけられています。

 

化粧品の成分表示は、
配合している成分の多い順に
記載されています。
しかし配合量の1%以下の成分は
順不同でOKなので
順番はバラバラです。

 

 

成分名 配合目的
成分簡易説明
パルミチン酸エチルヘキシル 香料、エモリエント剤
べたつきがほとんどない油剤として、水分の蒸発を抑えるだけでなく
使用感の軽さにも期待がもてる成分。
トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル エモリエント作用
皮膚をなめらかにして潤いを保つ。
炭酸ジカプリリル 油剤、エモリエント剤
植物由来の天然のエモリエント剤で
肌をなめらかに整える。
トリイソステアリン酸PEG−20グリセリル 乳化剤
合成界面活性剤。分子量が大きく安全性に優れた成分。
優れた乳化力があり、クレンジング料の主剤に使われる。
ポリエチレン 白濁剤
合成ポリマー。エチレンを重合して作られる高分子のパラフィン。
肌にハリを与えるための増粘剤やスティックタイプの化粧品のベースにもなる。
トリイソステアリン酸PEG−5グリセリル 乳化剤
合成界面活性剤
トコフェロール 抗酸化作用
ビタミンE。ニキビの発症が拡大する活性酵素を除去する。
カニナバラ果実油 油剤
肌の潤いを持続させ、キメを整える作用がある。
皮膚の柔軟効果が高く保湿や肌荒れを防ぐ。
アンマロク果実エキス 保湿剤、抗酸化作用
低濃度で優れた抗酸化機能を持ち天然のビタミンCが
豊富に含まれていることからアンチエイジングにいいとされている。
テトラヘキシルデカン酸アスコルビル 美白、老化防止
ビタミンC誘導体。油溶性なのでゆっくりと肌に美白効果などを浸透させる。
肌荒れを防ぎ、しなやかな肌へ導く効果がある。
グルコシルセラミド 保湿剤
セラミド同様に保湿効果、アトピー性皮膚炎の改善の効果が期待されている。
加水分解コラーゲン 保湿剤
保湿効果、柔軟効果に優れ、角質内部に浸透し、肌あれを防ぎ、
しなやかな肌へ導く。界面活性剤の性質あり。
加水分解ヒアルロン酸 保湿剤
ヒアルロン酸よりも肌によく浸透し水分保持も大きい。
さらっとしている。
a-グルカン 抗菌作用、皮膚PH調整
皮膚上の菌の生態系を健全な状態に維持したり、
外界の刺激により乱れた皮膚上の生態系バランスを回復する作用。
乳酸桿菌/セイヨウナシ果汁発酵液 保湿剤
細胞の活性化や新陳代謝を促し、ターンオーバーを促進します。
乳酸桿菌/ブドウ果汁発酵液 保湿剤、エモリエント剤
ブドウ果汁を基質として、乳酸桿菌で発酵した後、ろ過して得られる液。
シワの改善や肌の弾力性をあげる。
ノイバラ果実エキス 美白、収れん、抗酸化作用
優れた収斂性によりにきびや吹き出物の予防、鎮静
美白、アンチエイジング効果。アレルギー反応あり。
プルーン分解物 美白効果
メラニンを作っても外から見えなくさせることで肌を黒化させない効果がある。
クリサンテルムインジクムエキス エモリエント
南米由来の植物クリサンテルムインジクムから抽出したエキス。
血行促進、血管強化、活性酸素消去などの効果。
ソメイヨシノ葉エキス 抗炎症作用
優れた抗炎症作用で肌の赤みやかゆみを防ぐ。
トルメンチラ根エキス 抗酸化作用、抗菌作用
シワを発生させる作用を持つ活性酵素(ゼラチナーゼ)を抑制する効果。
豆乳発酵液 保湿剤
大豆を乳酸菌によって発酵させることで生まれる保湿成分の一種。
メマツヨイグサ種子エキス 抗酸化作用
ポリフェノールの含有量が高く、優れた抗酸化力を持つ。
ウンシュウミカン果皮エキス 抗アレルギー作用
ポリフェノールの一種であるヘスペリジンが多く含まれた温州ミカンから抽出されたエキス。
タチジャコウソウ花/葉/茎エキス 収れん、抗炎症作用
シソ科植物のワイルドタイムスから抽出されたエキス。
キメを整え、肌荒れを防ぐ。
オウゴン根エキス 抗炎症作用、抗アレルギー作用
肌荒れ、ニキビ予防、悪化を防ぐ。
メラニンの生成を抑える効果も。
キハダ樹皮エキス 消炎作用、抗菌作用
肌を清潔に保ち、肌荒れを防止する。
肌の引き締め効果もある。
ビルベリー葉エキス 抗酸化作用
アントシアニンが多く含まれ、細胞増殖促進、ヒアルロン酸産生促進の作用を持つ
GABAの産生を促す効果がある。
オウレン根エキス 消炎作用、抗菌作用
肌を清潔に保ち、肌荒れを防ぐ。
にきび防止の効果も。
カミツレ花エキス 保湿、消炎作用
カモミールから得られるエキス。シミ、そばかすを抑え、
保湿効果がある。
クチナシ果実エキス 消炎作用、保湿効果
クチナシの果実から抽出されるエキスで乾燥から肌を守り、
肌荒れを防止する。
セイヨウオトギリソウエキス 抗炎症作用
肌になめらかさと弾力をあたえる。、消炎作用があることから、
炎症のある肌や日焼け後などの敏感肌やアレルギー肌にも有効的。
トウキンセンカ花エキス 消炎作用
トウキンセンカの花から抽出して得られるエキス。
肌にうるおいを与え、しっとりさせ敏感肌用の化粧品によく配合される。
フユボダイジュ花エキス 保湿剤
ボダイジュの花または葉から抽出して得られるエキスで
保湿作用・収れん作用・血行促進作用があります。
ヤグルマギク花エキス 消炎作用
ヤグルマギクの花から抽出して得られるエキス。
肌荒れを防ぎ、清涼感を与え、肌をなめらかにする。
ローマカミツレ花エキス 抗炎症作用
ローマカミツレの花から抽出して得られるエキス。
溶剤
水の中の不純物を取り除いた
精製水のこと。
BG 保湿、抗菌作用
高い保水性で肌をしっとりさせる。抗菌効果もあることから
防腐剤を補助する役割も。
PEG−7(カプリル/カプリン酸)グリセリズ 乳化剤
合成界面活性剤
フェノキシエタノール 防腐剤
品質を守るために使用する。防腐と殺菌作用のある成分。,
安全性の考慮から0.5%~1.0%以下の濃度で使用される。毒性あり。

 

 

 

D.U.Oザ クレンジングバームの注目成分

 

D.U.Oザクレンジングバームは透明感、ハリ、ツヤなどを与える、31種類の美容成分
24種類の植物エキス、
ビタミンC、
ナノコラーゲン、
ナノヒアルロン酸、
ナノセラミドを配合しました。

 

このような成分は角質層まで浸透するため、
洗い上がりはお肌が柔らかくなりしっとり。
使うほどに年齢を重ねた肌が磨かれていくクレンジングです。

 

D.U.Oザ クレンジングバームは
独自技術で毛穴よりはるかに小さい微粒子カプセル
「毛穴クリアカプセル」により
洗浄成分と美容成分をカプセルの中に内包し、
肌への優しさと洗浄力の両立を可能にしました!

 

 

☟☟☟毛穴クリアカプセルによるクレンジングの仕組み☟☟☟

 

duo

 

 

そこで今回注目したいのは
この毛穴クリアカプセルによって運ばれてくる美容成分。

 

ビタミンC(テラヘキシルデカン酸アスコルビル
ナノコラーゲン(加水分解コラーゲン
ナノヒアルロン酸(加水分解ヒアルロン酸
ナノセラミド(グルコシルセラミド

 

この中の保湿成分
加水分解ヒアルロン酸に注目しました。

 

 

加水分解ヒアルロン酸

 

ヒアルロン酸といば真っ先に思い浮かべるのが
保湿ですが、
従来のヒアルロン酸と加水分解ヒアルロン酸と
何が一体違うのでしょうか??

 

加水分解ヒアルロン酸とは
ヒアルロン酸をさらに超低分子に加工したもので
ヒアルロン酸の2倍の浸透性をもつ成分です。
安全性は高く副作用の心配もない
優れた保湿成分です。

 

従来のヒアルロン酸は高分子のため
皮膚の内側にはあまり浸透しにくいですが
長時間肌の表面に留まり、肌の水分を
保持する能力があります。

 

そこでヒアルロン酸が肌の内側まで
浸透しやすく加工したのが
加水分解ヒアルロン酸です。

 

加水分解ヒアルロン酸は肌の内部に入り込み
たっぷりと水分を保持しながら
肌を内部から潤す
ヒアルロン酸が進化した成分なのです。

 

 

合成界面活性剤について

 

界面活性剤は何千種類も存在し、
それぞれの役割があります。

 

水と油のように混ざらないものの界面に働き、
2つをなじませることができる物質です。
このように、水と油をなじませる働きを利用し
化粧品にはよく界面活性剤が使われます。
それは汚れを落としたり
美容成分を浸透しやすくしたり
乳液やクリームが分離しないようにするためだったり。

 

では界面活性剤の入っている化粧品は使えないと思うところですが
そうではありません。

 

主に、肌に悪いとされているのは「洗浄剤」の役割を持つ
界面活性剤です。
化粧品では、クレンジングや洗顔料に多く入っています。

 

強すぎる洗浄力は肌にあるバリア機能を破壊し
肌を傷つけたり、乾燥させてしまったりします。

 

では、界面活性剤が入っているクレンジングや洗顔を
使わない方がいいかというと
こちらもそうではありません。

 

もちろん洗浄剤の中でも強いもの、弱いものとがありますが
日本で使うことができる化粧品は
厳格な毒性試験や刺激試験をパスしたものになるので
そこまで過敏になる必要はないと思います。

 

クレンジングや洗顔料に洗浄剤は入っていますが
そもそも洗浄剤がないとこれらの化粧品は作れません。

 

上記の表の中でも界面活性剤は含まれていますが
この商品だけではなく、
クレンジングや洗顔料といった化粧品と上手に付き合っていくことが
大切なのだと私は思います。

 

D.U.Oザクレンジングバームの詳細

 

D.U.O ザ クレンジングバームは本品90gです。

 

定期便では初回限定キャンペーン
初回半額&送料無料になっています。

 

お値段は

定期便  初回半額⇒1800円

となっております。

初回限定でしかも送料無料!

まずは試して!

 

定期便は2回目以降はいつでも変更・停止できるので
気に入らなければいつでも解約できるので安心です。

 

通常価格 3600円 容 量 90g
初回限定価格 初回定期便限定半額1800円
初回特典 定期便初回半額。600円の送料無料
サンプルプレゼント。
送料 600円
定期便なら毎回送料無料
定期購入 初回半額。2回目以降はずっと20%off
毎回送料無料。お届け間隔は初回30日。2回目以降はいつでも変更・停止可能。
※初回購入と同時に2回目以降の停止は✖
返品・交換 商品到着後7日以内、未開封に限り
無添加 旧表示指定成分、鉱物油、石油系油脂、石油系界面活性剤、
合成香料、合成着色料、アルコール。
評 価 ★★★★☆


 

aquab01-006
 

 
 

d.u.oザクレンジングバームは乾燥を伴う混合肌におすすめ!
乾燥肌クレンジングランキングを見てみる
混合肌クレンジングランキングを見てみる

 

 

 

ランキングに参加しています。
あなたの応援が励みになります。
ポチっとお願いします。


スキンケア ブログランキングへ
にほんブログ村 美容ブログ スキンケアへ
にほんブログ村