大人ニキビは脂性だけじゃない?乾燥が原因でニキビができる!

9279959ab59dad207098e624b52f8f47_s

 

大人ニキビと聞くと、
どんなイメージをお持ちですか??

 

顔の脂がベタベタな人っていうイメージが
ありませんか??

 

私の周りでもよくニキビが出来ている人は
よく脂っぽい肌質をもった方がほとんどのような気がします。
しかし、ニキビが出来ている人は何も脂性肌の人だけではないんですよ!

 

実はニキビとは無縁と思われがちな「乾燥」が
原因でできるニキビもあるんです!

 

乾燥肌って??

 

先ほど大人ニキビの原因には乾燥がある!と
紹介しましたが
まず乾燥肌とはどんな肌の状態を言うのでしょうか?

 

本来、健康な人の肌というのは
みずみずしく弾力性があり
あらゆる外的刺激から肌を守る
バリア機能が備わっています。

 

乾燥は秋から冬にかけ気温と湿度が低くなり
空気が乾燥することがきっかけで起こりますが
健康な人の肌機能であれば
このバリア機能が働いて
乾燥やかゆみなどを防いでくれます。

 

しかし、このバリア機能が低下している状態では
肌の水分保持能力が低下し
肌の水分が蒸発しやすくなり
外的刺激から肌を守れなくなり
いくら化粧水などで肌に水分を与えても

水分が逃げてしまい
肌が常にカサカサしている「乾燥肌」になるのです。

 

では、なぜこのバリア機能が低下するのでしょうか??

 

皮膚は通常、皮脂がつくる皮脂膜、NMF(天然保湿因子)、
セラミドなどからなる角質細胞間脂質の3つの物質がバリアを作り、
紫外線などの外部刺激やアレルゲンなどから肌を守り、
肌内部の水分が蒸発しない仕組みを作り出しています。

 

皮脂膜とは毛穴から分泌された皮脂と、
汗腺から分泌された汗がまざってできた天然のクリームです。
この皮脂の分泌量が低下すると、すぐ下にある角質層に
刺激が伝わりやすくなります。
この皮脂の分泌量は年齢とともに減少し
新陳代謝が悪くなることでも日資料は減少していきます。
また皮脂を分泌する皮脂腺は体の部位により数が違い
目のまわりや口元は少なくなっているので
この部分は特に乾燥しやすくなっています。

 

NMF(天然保湿因子)とはアミノ酸類、乳酸、尿素、クエン酸塩などからできています。
その役割は、水分を吸着して角質層に保持し、お肌の柔軟性と弾力性を保ちます。
このNMFによって細胞内の水分量は一定に保たれるのです。
NMF(細胞間脂質)のバランスが崩れると、乾燥するだけではなく、
角質層の下の顆粒層が健康に育たず、
ターンオーバーそのものに影響を与えてしまうといわれています。

 

角質細胞間脂質とは胞間脂質の約40%を占めるセラミドをはじめ、
遊離脂肪酸、コレステロールなどからできています。
その役割は、角質細胞同士の隙間を埋め、外部からの刺激の侵入や、
体内の水分の過剰な蒸散を防ぎます。

 

この角質細胞間脂質は保湿要素の約80%を担っており
この角質細胞間脂質が不足すると
細胞と細胞の間がスカスカになり
肌の水分は蒸発しやすくなります。
また、そのように肌表面がスカスカの状態であると
外部からの刺激に対しても無防備になり
いろいろなアレルギーの元となるものが肌に侵入しやすくなります。

 

 

なぜ乾燥が大人ニキビを招くの??

 

ではなぜこうした乾燥が原因で大人ニキビを
招いてしまうのでしょうか??

 

ニキビのできる仕組みというのは
毛穴が収縮して狭くなりそこに角栓や皮脂が溜まり
詰まってしまいます。
その汚れが炎症してニキビとなってしまうのです。

乾燥肌の場合は肌を守るバリア機能が低下している状態です。

 

バリア機能が低下している状態だと
肌というのは乾燥から肌自体を守ろうとして
皮脂を多めに出して肌を守ろうとします。

 

そうした皮脂の過剰分泌により肌表面に古い角質がたまりやすなり、
本来なら毛穴が行っている皮脂の排出や、肌表面の油分を
正常に保つ事ができなくなります。

 

乾燥肌なのにニキビが発生するというのは
こうしたことが原因なのです。

 

 

乾燥肌の人が大人ニキビを改善する2つの方法

 

乾燥肌の人が大人ニキビを改善するためにすることは
まずはこの2つ!

 

  • 洗顔で顔をゴシゴシ洗わないこと
  • たっぷりと水分補給を行い、皮脂膜をしっかりつくってあげること

 

あなたが顔を洗うとき、ニキビが出来ているからといって
顔をゴシゴシと洗いすぎていませんか??

 

洗顔料には汚れをとる洗浄剤が含まれています。
最近の化粧品会社の努力で刺激は弱くなっていったものの
汚れを落とすものですから
肌に対して刺激となるのがお分かりかと思います。

 

こうした肌に刺激となるものは肌が本来必要とする皮脂まで奪い、
肌の水分が蒸発してしまう原因にもなります。

 

こうした洗顔料で顔をゴシゴシ洗ってしまうとどうなるでしょう?

 

ゴシゴシする刺激で肌は傷つき水分は奪われ
それらを補おうと肌は皮脂をたくさん分泌し
それらがつまってニキビとなる!
ということになるんですね。

 

そこで2つめのたっぷりと水分補給を行い、皮脂膜をしっかりつくってあげること
とても大事になってきます。

 

ただ水分を補給すればいいというわけではありません。
もちろん普段の保湿も大事ですが、お肌の水分がきちんと保たれ、
肌自身が皮脂膜を正常に作られるようにならなければなりません。

 

本来の働きを正常にするためには、
肌により近い成分の配合されたスキンケアで
じっくりと肌状態を整えていく必要があります。

 

肌により近い成分とはセラミドや
ヒアルロン酸、コラーゲンといった
肌内部にもともとある成分です。

 

これらの成分が配合されたスキンケアを使って
肌本来の機能を取り戻し
乾燥自体をなくし大人ニキビがない肌へと
導いてあげることが今私たちにできる最善の改善方法なのです!