生理前や生理中は大人にきびが増える??それの原因は??

9f0fb5168b0c267ba4bca9482d5f1ed7_s

 

ある日、ふと鏡を見てみるとそこには
にきびができている時ってありませんか??

 

あごからほほにかけてのUラインに
多くにきびができていませんか??

 

そうしたにきびは生理前に多く出来ていたというのは
多くの方が経験していることでしょう。

 

生理前や生理中は肌トラブルが
起きやすい時期です。

 

どうして生理前や生理中ににきびが
できてしまうのかを
今回は紹介します!

 

 

生理前や生理中の大人にきびはホルモンバランスのせいだった??

 

生理前になると、どうしても毎月同じ場所ににきびができたり
にきびは出来ずとも肌荒れを起こしていたりと
生理前には肌トラブルはどうしてもついてくるものです。

 

そうした肌トラブルは、実は
ホルモンバランスの乱れによるものなのです。

 

女性の体の中のホルモンは
大きく分けて2種類の女性ホルモンが
ひと月のうちに順番にやってきます。

 

その2つのホルモンとは
エストロゲン(卵胞ホルモン)とよばれるものと
プロゲステロン(黄体ホルモン)とよばれるものです。

 

まずエストロゲンというのは、
生理が終わってから排卵までの約1週間が最も活発に分泌し、
肌にとって大切なうるおいを与える働きがあります。
体にとっていい影響を与える女性ホルモンですから
痩せやすい体にしたり肌のキメを整えたり
皮脂量を抑えるため、この時期は大人にきびが少なくなると
言われています。

 

一方、プロゲステロンというのは、
排卵が終わってから生理が始まるまでの約2週間が
活発に分泌されます。

 

このプロゲステロンは男性ホルモンと似たような働きがあり
皮脂が過剰に分泌されます。

さらにこの時期は体温が高くなり、熱がこもって炎症を起こしやすいとも考えられています。

 

そのため、ニキビはできやすく、毛穴が詰まったり
乾燥したりと様々な肌トラブルを起こしやすいのも
このプロゲステロンの仕業ということなのです。

 

 

生理前にニキビを予防する

 

生理前になるとニキビができやすくなるのは
この黄体ホルモンが原因ですが、
できてしまったニキビをどうするかというよりも
できてしまう前にどうするかという方が
とても大切になってきます。

 

生理前にはある4つのことを
注意してニキビを予防することを
心がけるようにしましょう!

 

その4つとは、

 

  • しっかりと睡眠をとる
  • 食生活に気をつけ油分を控える
  • 体を冷やさないようにする
  • 正しいスキンケアで余分な皮脂を取り除きしっかり保湿をする

 

ということです。

 

大人ニキビと睡眠と夜更かしの関係でも書きましたが
眠っているあいだに栄養が皮膚に補給され
不要となった老廃物が排出され
細胞が新しく作られています。
睡眠不足が続くとこうしたきれいな細胞が作られず
いらない角質などが肌の上に残ったままになり
ニキビを余計に悪化させます。

 

また、食生活も大事です。
生理前は皮脂がたくさん出る時期なので
体の中に油ものをたくさんとってしまうと
毛穴から皮脂が出てしまうのは
自然のメカニズムです。

 

体を冷やすとホルモンバランスが崩れやすくなります。
普段から暖かい飲み物を飲んだりすることで
ホルモンバランスの調整をしましょう!

 

最後になりましたが、
正しいスキンケアを心がけるようにしてください。
黄体ホルモンの増加により
肌のバリア機能が生理前は弱まっている状態です。
刺激の強くない洗顔でいらない皮脂を取り除き
しっかり保湿をすることで
肌のバリア機能のサポートをしてあげることで
余分な皮脂は出ずにニキビを抑える予防になります。

 

 

生理前にニキビができてしまったら???

 

いくら注意をしていても生理前にはニキビが
できてしまう方もいるかと思います。

 

生理前ににきびができてしまった場合は
洗顔の仕方を見直してみましょう!

 

にきびができた肌は皮脂が過剰分泌しているものと思って
ゴシゴシとこすりがちになりますが
これがNGです。

 

過度な洗顔によって必要な皮脂まで奪われてしまうと、
肌が乾燥してさらに毛穴が詰まりやすくなり余計ににきびができやすくなります。

 

しっかりと泡立てた泡で肌に触れないように
くるくるとこすらず洗い流しましょう。

 

洗顔が終わった後はすぐに保湿が大事です。
化粧水で肌を潤した後はビタミンC誘導体などの皮脂を抑える効果のある美容液を使い
しっかりとクリームで保湿をします。

 

そうしたケアをきちんとすることで、
生理前の大人ニキビ対策にもなるので
予防と対策をしっかりとしていきましょう。